湘南・藤沢の結婚相談所カウンセラーブログ

結婚相談所Amber(アンバー)T&I カウンセラーブログ

男の人も辛いらしいですね?!

f:id:ambertakahashi04080715:20170629171720p:plain

私は、年齢でいうとまさに更年期。実はここ半年くらい時折なんとも言えないカラダの不調に悩まされています。

かかりつけの婦人科で検査をすると、まだ更年期障害ではなさそう。しかも知り合いの婦人科医から言わせると、私のような性格なら更年期障害にはならないよ(ナンノコッチャ?笑)、なんて言われる始末。

でもやっぱり更年期なのに違いはありませんから、結構いろいろな体の部位が痛かったり、だるくて辛かったり、火照ってしまったりと辛いことも多いのです。

主人は、先日の大出血騒動はありましたが、基本的にはいたって丈夫で、我慢強いこともあり、「痛いの、痒いの」ってほとんど言ったことがありません。

そのせいか、私がいろいろ訴えてもなかなか理解してもらえず、逆に『出たっ!いづみちゃんの痛いの!痒いの!攻撃!!!』とかいって笑っているので

(ここは笑うとこじゃないゾ!怒)なんの慰めにもなりません。

女性はいろいろと辛いことが多いのに、男性はいいな~って思っていました。

が、どうもそうではないらしいですね。

男性が「どうもやる気がでないなあ…。」っていう場合、普通は鬱病かなって考えますがそうではないこともあるんですって。

男性更年期障害」と呼ばれるものかもしれません。正式には、「加齢男性性腺機能低下症候群」という長い名前です。

そのまま放置すると心筋梗塞などの生活習慣病のリスクを高め、不安感、イライラ、記憶障害などの症状を引き起こすことがあります。

精神的な症状以外にも、筋力低下、肥満、性欲減退なども現れます。症状が進むと、不眠症心筋梗塞、糖尿病になることもあり注意が必要です。

初期症状は、疲労や加齢のせいだと勘違いされることが多いのが特徴。倦怠感から仕事が思うようにできなくなったら、更年期障害の初期かなと疑った方がいいかもしれません。

原因は、ホルモンバランスが変化し、「テストステロン」という男性ホルモンが減少することとのこと。

この「テストステロン」は男性の成長期に、ひげが生えたり、声が低くなったり、臀部や太腿が筋肉質になったりする作用があります。

男性の身体的特徴を形作るのに、大きな影響を与えているのですね。

この「テストステロン」は40歳を過ぎるころから減少する人が増えるそうです。このころに、男性も更年期障害が始まることが多く、その原因の1つと考えられているようです。

この「テストステロン」の保有量は個人差が大きく、80代で30代と同じ程度ある人もいれば、半分以下になってしまう人もいます。

減少してしまう要因は、過度なストレス、運動不足、不規則な生活、偏った食生活など。体臭が減る、発汗が減る、骨が弱くなるなどはこの前兆らしいので、先ずは運動するのが良いのです。

散歩やストレッチなどが「テストステロン」の分泌を促します。

食事は、魚や肉などたんぱく質バランスよく摂ること。インスタント食品を控えるばかりでなく、野菜偏重もだめらしいです。

ストレス軽減は、難しい面もあると思いますが、できるだけリラックスして睡眠負債をなくして、質・量ともに良い眠りを得ることですね。

男性の皆様、ご自身でコントロールできれば恐れることはありません!意識してできることから始めましょう!

女性の皆様、是非ケアしてあげてくださいませ!

でも、ウーン、家の主人には当てはまらないけどなあ~???(いづみのひとり言でした。)

 

🔸🔸 湘南・藤沢の結婚相談所なら 🔸🔸
             Amber(アンバー)T&I
(公式サイト)http://www.amber-ti.com/ 

〜心からパートナーがほしい、結婚したいと強く思われる貴方へ〜

Amber(アンバー)T&I のサポートは、貴方が婚活を通して、人として成長していくことを支援することだと考えています。

私たちが貴方の魅力を引き出し、素敵な出逢いを引き寄せていきます。

まずは、私たちとお逢いしてご相談頂き、第一歩を踏み出してみませんか。

無料カウンセリングは約1時間です。

f:id:ambertakahashi04080715:20170706180841j:image

貴方自身の今までのこと、現在の状況、これからの活動のご希望など、私たちが懇切丁寧にお聴きします。

どうぞお気軽にご連絡くださいね。 🔸🔸http://www.amber-ti.com/🔸🔸