湘南・藤沢の結婚相談所カウンセラーブログ

結婚相談所Amber(アンバー)T&I カウンセラーブログ

人生が二度あれば?

f:id:ambertakahashi04080715:20170616052839p:plain

井上陽水の往年の名曲ですね。

自分を懸命に育ててくれた父母に対して、感謝はもちろんのこと、何か申し訳ないような気持ち。

特に母親に対しては家族の犠牲になっていて自分自身の人生としての意味がないのでないか。

だからもう一度やり直しの人生があればなあ、でもそれは望めないことだという人間の悲しみを唄った曲ですね。

では、人生がやり直せたら良いと思いますか?

年を取ると若い頃にもう一度戻ってやり直したいと言う方がいますね。

主人は、中学生や高校生の時代には二度と戻りたくないと言っています。

良くも悪くも学歴社会が厳然と確立された現代では、受験戦争を通して、かなり早い時点で人生の選択を迫られるという現実があります。

これは10代の若者が背負うものとしては大きなプレッシャーになる可能性があります。なので、このプレッシャーが主人にとって結構辛い嫌な時期だったと言うのでしょう。

ドラマの青春物のような爽やかで格好いいものでなく、ドロドロとした辛く悲しい時期だったのかもしれませんね。

植嶋啓司著「生きるチカラ」という本は、迷いや悩みを消す、根本的な生き方の示唆を与えてくれる本です。

何度も読み返していて大切にしています。

その本の中で、ケン・グリムウッドのベストセラー小説『リプレイ』の内容紹介が出てきます。

ニューヨークのラジオ局に勤める主人公は43歳の秋に心臓発作で死亡します。

気が付くと18歳に逆戻りして大学の寮にいます。

それから、四度、五度と生まれ変り、前の人生と違う人生をやり直すことを繰り返すのですが、「リピーター」となった彼の人生は終わりません。

一度目は莫大な富と最愛の子供、二度目は初恋の女性との家庭生活、三度目は退廃と覚醒、そして四度目は…。

結局、最後は全てを失ってしまい何度やり直しても満足できる幸せな人生は送れない。

あらかじめわかっていることの虚しさを嫌というほど味わい、人間にとってわからないということが、いかに大事かということに主人公は気づきます。

この本は、たとえ人生をもう一度くりかえすことができたとしても、それはひたすらむなしいものでしかないと著者は言っています。

人生はただ一度だからこそ価値があり、全ての選択は自分自身でするしかないのです。

その結果が良かったのか悪かったのかも時間を経てみないとわからないものです。

自分自身で選択したことを信じて、粘り強く、実行を重ねてみるしかありません。

側からみてどうこうではなく、自分自身が実感として、どんな小さなものだとしても、何かを掴めたと思えるかどうか、ということだと思います。

 

🔸🔸 湘南・藤沢の結婚相談所なら 🔸🔸
             Amber(アンバー)T&I
(公式サイト)http://www.amber-ti.com/ 

〜心からパートナーがほしい、結婚したいと強く思われる貴方へ〜

Amber(アンバー)T&I のサポートは、貴方が婚活を通して、人として成長していくことを支援することだと考えています。

私たちが貴方の魅力を引き出し、素敵な出逢いを引き寄せていきます。

まずは、私たちとお逢いしてご相談頂き、第一歩を踏み出してみませんか。

無料カウンセリングは約1時間です。

f:id:ambertakahashi04080715:20170706193453j:image

貴方自身の今までのこと、現在の状況、これからの活動のご希望など、私たちが懇切丁寧にお聴きします。

どうぞお気軽にご連絡くださいね。 🔸🔸http://www.amber-ti.com/🔸🔸